1. トップ
  2. ヒロセ流美食術
  3. まさに大阪っぽい夜を。 大阪 新地 明石屋

まさに大阪っぽい夜を。 大阪 新地 明石屋

|

調べていて気になっていたお店が友達からリクエストが。

泊まっているホテルから3分くらいでした。
なので、梅田駅からは5分以上歩くかな。

お店に入ると、おじさまの団体×2組。これは美味しそうな予感。

メニューを見てみると、売りになっているメニューが1枚、
別になっていて4つのメニューが写真付きで掲載。
早速、これ4つとも注文。

「メニュー4つ」という注文で通ります。
モチバターという料理は初めての食感。餅が外側パリッと、
内側はもちっとしていてざくざく食べ進んであっという間に
なくなってしまいました。
このメニューを目当てに遠くから来る人もいる、といわれましたが納得。

餃子は小さめで、博多みたいな感覚で餃子を頂きました。

店名にもある明石の名物、明石焼き。
なかなか食べられる機会がないので嬉しいな。
だしでとろっとした明石焼きをつるっといただいてしまいます。
だしもおいしく飲み干し,これはお代りをお願いしたかった。

イカ焼きは梅田でおなじみ、いかを刻んだ粉もの料理の方。
たこやきを食べていないので、粉+ソースの組み合わせが嬉しい。
いかを丸ごと焼いたイカ焼きよりも大阪のイカ焼きの方が好きです、私。

このメニュー4つがおいしくてわくわくとあれこれ注文です。
アン肝、白子ポン酢、牛たたき、豚キムチと注文。

もう、お酒がすすむすすむ。
後ろでは常連らしき人が自分で注いで、運んでをしながら
飲み進めておりました。
うーん、大阪っぽい夜を過ごすことができて、楽しかったです。

明石屋明石焼き / 北新地駅西梅田駅大江橋駅

夜総合点★★★★ 4.0

こちらの記事もおすすめ