1. TOP
  2. comic
  3. 弱虫ペダル 24 25

弱虫ペダル 24 25

2巻分の感想をまとめて。

インターハイ編の終盤です。

真波、御堂筋、そして坂道がメインです。

何故走るのか。そんなに走れるのか。

数々のライバルを様々な手段で倒していった御堂筋が
「イミガワカラン」となる坂道。

それに対して真波に対しては「キモクない」
という判断を下します。

真波の答えは「死にそうになると生きていると感じる」
というもの。
そんな真波を見ていると、近々死んでしまうのでは?
と不安になってしまいます。

御堂筋をどこまで非人間的に描くか。
彼の底力が今までドラマティックに描かれていただけに、
作者に調整された、という風に見えてしまったのが
ちょっと残念かな。

とはいえ、まだまだ(コミックス2巻分読んでもなお!)
インターハイ編は続きます。
どの高校が、先頭でゴールラインに到達するのか。
現在の連載はもっと先に進んでいるはずですので、
一人遅ばせながらではありますが、楽しみにしております。