1. トップ
  2. comic
  3. いよいよ歌舞伎が全然出てこないラブストーリー ぴんとこな 13巻 嶋木あこ 小学館

いよいよ歌舞伎が全然出てこないラブストーリー ぴんとこな 13巻 嶋木あこ 小学館

|

前巻12巻であっと驚くどんでん返しがありまして
秋の13巻の発売が待たれる ぴんとこな 11巻&12巻
嶋木あこ 小学館

わくわくの13巻。

帯が激しい激しい。

浮気相手の子供を妊娠した女とだって結婚してやる。
ぴんとこなを演じるためなら・・・!!

と一弥の横顔と一緒に映っています。

なんかこう書かれると、『紅天女』みたいに、『ぴんとこな』という
歌舞伎の演目があるみたいじゃないですか?
実際のぴんとこなとは、歌舞伎の用語で「男らしく芯のある、二枚目」
だそうなので、お間違えなきよう。

猛の父の回想で、前回の謎の詳細を解きほぐし、
更に木嶋屋の3代の歴史を知ることに。

そんな中、猛とあやめ、一弥と優奈と田辺という2組に展開が。
でやっぱり最後は山本さん!!!

前巻で心配していたように、やっぱりこの人が騒ぎを大きくするキーか。

歌舞伎役者としてどうなるのか、というより恋愛モードが
強い巻でありますが、次巻は人間模様、その権力図も含めて
変化がありそうで、楽しみであります。

ぴんとこな14巻の発売は2015年春、とのこと。
2015年2月くらいかな。

<関連記事>

こちらの記事もおすすめ