1. トップ
  2. comic
  3. この世界で目標を立てる、が意味すること 「7SEEDS」 30巻 田村由美 小学館

この世界で目標を立てる、が意味すること 「7SEEDS」 30巻 田村由美 小学館

|

過去のビジョンが要所要所で映し出されるのですが、今生きている7SEEDSプロジェクトメンバーってなんだかんだで研究者の係累が多いのね。

やっぱり、地球が滅亡する、という危機に直面すると、我がDNAを未来に託したくなるものなのか。とにかくねじこんでて、実はコネ有り者、というのが多いですね、登場人物に。

この巻の特徴としては、30巻にして、いよいよこの世界での目標を考え始めます。以前もあったけど、腹くくって、この世界で新しい社会を構築していくのを目指す姿があり、それはつまり以前の文明、世界との精神的な決別を意味するわけで、明るい描写にはなっていたけども涙をこらえきれなかった。

最後はくるみと流星。以前の続き。お互いをさらけ出し、ここで初めての赤ちゃんを産む。

この子が生まれるときはこの物語のクライマックスなのか、それとも新たな動きのスタートになるのか。本誌ではもう産まれてるかもしれないですけどね。このまま平和には産めないような予兆で終わっているので、ドキドキです。

次巻は 激動の31巻 2016年春発売予定とありました。3月かな。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

7SEEDS(セブンシーズ) 1-31巻セット
価格:13673円(税込、送料無料) (2016/8/12時点)

<コミック>



こちらの記事もおすすめ