1. TOP
  2. cafe
  3. 体にも心にも嬉しいスープのあさごはん 倉敷 カフェイロドリ
  1. TOP
  2. ヒロセ流美食術
  3. 体にも心にも嬉しいスープのあさごはん 倉敷 カフェイロドリ

体にも心にも嬉しいスープのあさごはん 倉敷 カフェイロドリ

ホステルのチェックイン時。この町では朝御飯を食べられそうなお店がありそうな気がしてホステルの朝食をなしに。

そして夕飯を食べたLE BONで朝食について聞いてみたのです。そしたら店主の方のここらへんで朝ごはんやったらあやちゃんのとこが一番おいしいわ。と。

しかし、店の名前がわからない。笑。

ヒントを元に店名を調べ、おすすめだという朝一番、オープン直後を目指してお店に向かいます。


朝日の中、ちょっとした路地すら美しくて心が洗われました。

丁度、オープンの看板をだして店に戻るタイミングで入店。

ここはスープと、パンもおいしいところのだと教えてもらいましたので、スープのつかないAセットで半く、BかCセットだなと。

悩んだ結果、Bセットに。ドリンクつきのCセットにしなかったのは10時からお散歩してコーヒー飲もうと思っていたから。

パンは、これまたこのあたりのおいしいパン屋さん「LITTLE LIGHTS」のものだそうです。

スープに火を入れ、止め、混ぜて、また火を入れる。なんども繰り返し、ゆっくりとスープを仕上げていきます。

この静かでゆっくりとした朝を過ごせるのも旅の特権。

心穏やかにしながら待ちます。

パンがあたたまり、サラダとパンが出され、最後の仕上げをしたスープの器が出てきます。

パンが「カンパーニュ」という酸味のつよいすっぱいアイテムなので、それに合わせたスープのお味になっているとのこと。
朝のスープは週替わりで、私は菊芋のスープでした。

菜の花の緑のソースがアクセントに、パンの酸味も包み込んでくれる、丸みのある優しい味のスープ。

ああ、健康になりそうな、体にも心にもいいものをとりいれたぞ!という気分になって、朝日の差し込む路地へと繰り出していきました。

今度はドリンクセットにして、もう少し長居をしたいと思います。

お休みの日の朝に、昼に。スープは数量限定なので、スタート時間をやっぱりおすすめしちゃいます。

ヒロセマリでした。

関連記事

また行きたい!岡山・倉敷ひとり旅