1. トップ
  2. book
  3. 吉原はこんな所でございました 福田利子 ちくま文庫

吉原はこんな所でございました 福田利子 ちくま文庫

先日読んだ「「ふるあめりかに袖はぬらさじ」なんて、
この本を読んでから読めば良かった!と思える一冊でした。

たとえば「幇間(ほうかん)」とか「遣手(やりて)」とか、小説で出てきて
わからずに、辞書とかネットで調べても、イマイチなんのことだか
わからなかったんです。

そのあたりがこの本ではどういう役割を果たして、
どのような気性だったのか、ということまでが、
説明と文章から読み取ることができました。

また妓夫太郎の説明を読んで、
「とろサーモン久保田は現代の妓夫太郎か」
なんてことを思ったり。

徳川時代から300年、国の制度下に置かれたこの場所は、
確かに今の性産業とは異彩を放っています。
売春防止法施行後の、現代的な街に吉原が変わる中、
300年の伝統を守っていく松葉屋。

この本が書かれたのが1986年。
30年近く経った今、ここで描かれた粋な姐さんたちが
どうなさっているのか、気になるところであります。

これを読んだあと、驟雨とか

赤線跡を歩くを読み返すと、面白さが増すんだろうと思います。

こちらの記事もおすすめ