1. トップ
  2. book
  3. 小さいおうちでゆたかなくらしを。「住み直す」 井上由季子 村松美賀子・文 文芸春秋

小さいおうちでゆたかなくらしを。「住み直す」 井上由季子 村松美賀子・文 文芸春秋

|

まさに今の自分にぴったりな本でした。

ものと心の整理整頓、この先に向かうために

という副題がついているように、新しいおうちへの引っ越しにまつわる本なのですが、「住み直す」といっているのはなぜか。

それは、広々とした高層マンションから、築50年の日本家屋へ、3LDKから8畳と6畳の二間で暮らす生活へと変えるから。

どこに、どう住むかとともに、生き方そのものを見直し、「この先」を思い描く。これからの時間に向かって、ものごとの優先順位を決め、選択をする。

これが「住み直す」ということ。

50代を迎えた夫婦のお話なのですが、この本の考え方を参考に、私も「住み直し」。今の家から5平米ほど、小さいおうちに引っ越すのです。

今の家で増やしたものを、処分する時の手間、費用というものに初めて直面し、今まで親戚の仕事の都合上、処分品を自分で取扱い、お金を払う、という経済行為をしてこなかったため、こんなに捨てるということにパワーと、費用がかかるんだなということが身に沁みてわかりました。

文句ない、あこがれの住環境の小さいおうちで、間に合わせの物、実家から持ってきた(渡された)ものと別れて、自分が選んだ大事なもので生きていく。

これからは物を増やすときに、その物の最後まで見越して選ぶことができそうです。

<小さいおうち>

こちらの記事もおすすめ