1. トップ
  2. book
  3. 私が相手にとって何に貢献できるか という視線 「パーソナル・マーケティング」本田直之 ディスカバー・トゥエンティワン

私が相手にとって何に貢献できるか という視線 「パーソナル・マーケティング」本田直之 ディスカバー・トゥエンティワン

好きなことを情報発信するにあたり、
何を、どうやって考えて行動へと結び付けていくのか。
そんな事を考えていた際に手に取りましたので、参考になりました。

好きな本が、よくよく見るとタイプフェイスの装丁で、
渡邊民人さんというデザイナーさんなのですね)
本田さんプロデュースだったことがままあるわけですが、
『「俯瞰」でわかる決算書』も本田さんプロデュースとは。

この本は、パズルのように決算書が見えるようになってくるので
お勧めです。

自分は会社と対等な関係であるという気持ちになると、
「私は自分の能力を提供しているんですよ」
と考えらえれるようになります。
そうなれば、文句も出ないし、仕事も楽しくなるし、
より成果も上がります。

という言葉には、納得。インディペンデントな意識を持つと、
行動がスマートになる気がします。

巻末に、21個のworkがありますので、
自分に当てはめて、書き出してみたいと思います。

このタイミングでここに書かれていた内容を読んだおかげで、
「私が相手にとって何に貢献できるのか?」
「何を作り出しているのか?」
という視点ができ、結果前へ前へと売り込みすぎない
振る舞いをすることが出来ました。
助かりました。

こちらの記事もおすすめ