1. トップ
  2. book
  3. 20代でこの落ち着きというか貫禄  「何様のつもり」ナンシー関 角川文庫

20代でこの落ち着きというか貫禄  「何様のつもり」ナンシー関 角川文庫

27歳、という人生の長さを語る箇所を発見し、愕然。
20代でこの落ち着きというか貫禄まで感じる文章を
書かれていたとは。

槇原敬之に対して

「この人は、人前で歌を歌うような人間ではない。
だのになぜこのような(レコード大賞や紅白のような)
王道を進むことを許されているのか。
顔の美醜を言っているのでない。
もっと根本的なことである。
表現的に不適切かもしれないが、人種が違う、
そこに一緒に並ぶんじゃない、という感じなのだ。

というような辛辣とも取れる言葉が並びますが、
テレビに、芸能人に対して、自分の名前を出してここまで
語るという責任。

テレビに出るのではなく、あくまでも文筆メインの方
(NHK婦人百科には、出たとのことですが)
だからこそ、ここまで語れ、面白いんだろうなと感じました。

91年の段階でバラエティの笑い屋不用説を唱えていたりで、
テレビ番組の世界の困った部分はもう20年変わらないのか、
という事もわかり、この部分は2014年の今のテレビを取り巻く環境
を見ると、ちょっとさみしくもありました。

こちらの記事もおすすめ