1. トップ
  2. book
  3. 「まっぷる仙台・松島 宮城」と「まっぷる仙台ベストスポット」 どれだけ違うの?比較してみたよ

「まっぷる仙台・松島 宮城」と「まっぷる仙台ベストスポット」 どれだけ違うの?比較してみたよ

昨日まっぷるって1年でどれだけ変わるの??比較してみた
年度による比較をしてみましたが、
まっぷるさん、エリアごとに複数出している場合もあります。

仙台の場合も、宮城県版

に加えて仙台に焦点を合わせた
ベストスポット版が。

これも手元にありますので、比較してみました。

ベストスポット版は基本的にはまっぷる仙台・松島 宮城2014年版に
準拠したというか、利用している写真は一緒なんですけど、
お店の紹介文を一店舗一店舗ちょっと変えてある、という感じがします。

また、「ずんだスイーツ」のページは、2014年度と2015年の中から
バランスよくお店をチョイスしています、という感じになってます。

ただ、読み進めて行って20ページになってくると、
早くもまっぷる仙台・松島 宮城にはない展開になってきます。
「ワインバー、立ち飲み処」から始まり、ラーメン、カフェ、ベーカリー
と、仙台人おすすめグルメが続々。

そうです、この本だとただ旅行をする、ではなく、
単身赴任でこっちにきました、とか、大学が仙台です、といったような
新たに仙台で暮らしますという人に有益な
お勧め情報が入ってくるのです。

もしくは旅行中なんだけど急きょ日用品が必要!
といった時などにも便利そう。

松島をゆっくりと散策したいなら、情報量的に仙台・松島 宮城版
の方がおすすめ。
秋保温泉、作並温泉、塩釜はどっちもどっちかな。
それ以外のエリアに行くのであれば仙台・松島 宮城版がマスト。

自分が行きたいエリアが載っているかは、
表紙ではわからないので目次を見て判断、が必要です。

ベストスポット版については、仙台に絞ってあるので軽いですね。
今量ってみたら宮城版で441グラム、仙台版は354グラムですので
90グラム程度軽い、ということになります。

まとめると

  1. ベストスポット版は宮城県版2年分から選りすぐり
  2. ベストスポット晩は旅行+生活、に便利な情報
  3. 仙台の街がメインの人がベストスポット、遠出したい人は宮城県版
  4. 情報量を保ちつつ、少しでも軽い方が良い場合はベストスポット版

こんな感じでしょうか。

残念ながら、まっぷるのホームページで仙台情報を見ても、
どの本がどうおすすめなのか、比較検討できるように
なっていないんですよね。
まっぷるの表紙が4つ並んでいて、情報は別ページ。
しかも一つはなぜか阪神タイガース本。なぜだ・・・。

行先が決まっている旅に関しては、エリアを調べてから、
まっぷるなのか、ことりっぷなのか、
またまっぷる国内版でも、1地域に5種類とか
出ている場合もあるので、
その案内もしてくれるページがあるだけで、
書籍の売り上げが上がると思うんですけどね。

会社案内の事業内容を見ると、WEBサービスの概念が出版物に応じて
サイトを構成している、と書かれています。

おそらく、会社の人はガイドブックの違いは明確で、
一覧にするまでもない常識なのでしょう。

ただ、「明日、どこ行く?」が決まってない人には、
現在のサイト構成の導線で問題ありませんが、
「行く場所決まってる。どうする?」の目線を足さないと、
客からすると「何がなんだかわからん!」です。

「地図選びのコツ」に加えて「ガイドブック選びのコツ」
ページを作るだけでも状況は変わると思いますので、是非ご検討いただきたいところです。

<関連記事>

まっぷるって1年でどれだけ変わるの??比較してみた
旅のお供に優秀、合格。 ブラニフ バスルームオーガナイザー
イノベーター ヴィンテージトランク持って旅に出よう
福岡旅行の下調べに まっぷる福岡
紙冊子ならではの総合力 まっぷる東京遊ビ地図
東京に暮らす人、働く人必見。敢えてまっぷる東京駅。
まっぷる 岐阜 飛騨高山 白川郷

こちらの記事もおすすめ