1. トップ
  2. book
  3. 後の人生のために、あれこれと仕掛けをするのが読書という営み「有元葉子の旅というレッスン」筑摩書房

後の人生のために、あれこれと仕掛けをするのが読書という営み「有元葉子の旅というレッスン」筑摩書房

|

有元葉子さんの本は以前読んでいて、それが最近またひっかかって読むことに。

旅が多いので、読んでみることに。

有元葉子の旅というレッスン

編集者→主婦→料理研究家

そして今は有元さんが有元さんとして確立されている感がありますね。

そんな有元さんの、15年ほど前の本。

イタリア旅行がメイン、あとはベトナムの話も多かった。

今年ベトナムに行ったばかりなので、他の国よりも「おお、」とベトナムの記述がひっかかるように。
アンテナが立ったなぁと感じます。

ヨーロッパは行ったことが無く、来年にかけて行ってみたいと思っていますので、そういう世界に出かけるとまたこの本に書かれていることがおお、と染み込むことになるでしょう。

この本が、読んだ時よりも今が染み込んでくるように。

これが読書の面白さ。後の人生のために、あれこれと仕掛けをしている日々なのであります。

5月25日読了。

ヒロセマリでした。

こちらの記事もおすすめ