1. トップ
  2. book
  3. 解決への道筋が具体的に記載 「「自分のために生きていける」ということ 寂しくて、退屈な人たちへ」 斎藤学 大和書房

解決への道筋が具体的に記載 「「自分のために生きていける」ということ 寂しくて、退屈な人たちへ」 斎藤学 大和書房

|

斎藤先生はかつて実家で東京新聞を読んでいた時に慣れ親しんだ方。
先日読んだ本が、で、事実はわかったからどうすればよいんでしょう?
という感じでしたが
これ1冊だけでは具合悪いかな 「愛されなかったときどう生きるか44のヒント」加藤諦三 PHP研究所)、
この本は解決への道筋が非常に具体的に記載された本でした。

親にどんな期待をされていたのか書き出してみてください。
親があなたの押しつけてきた価値観、あなたに期待した
像などを書き出していると、
そんなものに支配されていた自分の愚かさに
気づくでしょう。
親のほうも、非難されても仕方のない一面があるのです。

子供のあなたが何を望んでいるか、どんなことをしたいと
言っているか。
子供の望みを見たせる範囲で満たしてあげましょう。
そうやって、あなたの中のインナーチャイルドを
育てていくのです。
子供のころのままストップしていた欲望に
水路をつけていきましょう。

他にもステップを踏んで、様々な行動が書かれていました。

自分には、人から何を言われても構わない、好きなことがあり、
やりたいことがあって助かったなと思っております。

<関連書籍>

こちらの記事もおすすめ