1. トップ
  2. book
  3. 宝塚との類似性が感じられた 「京都花街の経営学」西尾久美子 東洋経済新報社

宝塚との類似性が感じられた 「京都花街の経営学」西尾久美子 東洋経済新報社

先日の「舞妓の言葉」(京都を知りたい方、またはOJTトレーナーやマネージャーで人材育成をする人へ 「舞妓の言葉」 西尾久美子 東洋経済新聞社)に続き、読み終わりました。

この本で、京都花街の本当に初歩的なところ、
5つ花街があること、その地理的な配置、
「ぽんとちょう」という街はポルトガル語のポント(先端)・ポントス(橋)と
いう言葉が語源という説がある、
といった気になるけど知らない知識から順々に、
花街のシステムを体系的に知ることができます。

元々が論文だっただけに、人数と軒数の表やグラフから始まり、
適宜ビジネスモデルの図表が入てくる構成になっており、
ビジネス書を読み慣れている層にも、理解しやすいと思います。

「一見さんお断り」で成り立つビジネスモデルには、
やはり旦那衆という、経済的にも、文化的にも恵まれた層が
必要なので、今後この花街の盛衰は、特に人々の文化的な要素に
かかっているところが大きいのかと思います。

この本の地図を見ながら、花街を散歩したら、今までよりも深く、
理解をしながら歩けるなと思い、京都旅行への夢が膨らみました。

あとは、コラムでも書かれているのですが、宝塚歌劇との類似性
を節々に感じたのですが、小林一三先生が、歌劇団創設時に、
花街のシステムを参考になさったのですね。

京都花街と宝塚の類似ポイント

1.強固な上下関係

一日でも早く芸舞妓さんになった人はすべてを「お姉さん」

宝塚も、15歳~18歳の、年齢がバラバラな女性が
毎年入学するのですが、年齢一切関係なしに、期がすべてで
強固な上下関係が構築されています。

2.宿坊

お客は1つの花街につき一軒だけのお茶屋を
窓口として遊ぶ

宝塚ファンは1つの組につき1人だけのファンクラブに入って応援する
という暗黙のルールがあることを思い出しました。
粋でない、ということと、応援する人の成長を促すという点でも、
1つところに集中することが大事なのでしょう。

3.女紅場

現役の芸舞妓さんである限りは、女紅場で学ぶことが
義務づけられ、いったん入学すると、芸舞妓さんを
廃業するか、現役なら死ぬまでは卒業が無い。
芸舞妓さん=学校の生徒、というシステムとなっている。

宝塚でも現役の生徒である限りは、宝塚に入団した年を
宝塚音楽学校研究科1年とみなし、それを研1といった形で略し、
研18、といった形で現役である限りは生徒というシステムに
なっています。

作者の西尾さんが、現在宝塚歌劇の研究をなさっているのも
納得ですね。
そちらの著作の方も、楽しみにしております。

<関連記事>
京都を知りたい方、またはOJTトレーナーやマネージャーで人材育成をする人へ 「舞妓の言葉」 西尾久美子 東洋経済新聞社
おしゃべりせずとも大丈夫な間柄の人を誘ってゆったりと 京都 蹴上 喫茶チェカ
京都 有次で菜箸を買う
川口葉子さんの視点を本を介しておすそ分け 京都 カフェと洋館アパートメントの銀色物語

こちらの記事もおすすめ