1. トップ
  2. book
  3. 徳史は欲望の虫のように生きていくのでしょう 「快楽」 青山七恵

徳史は欲望の虫のように生きていくのでしょう 「快楽」 青山七恵

|

青山七恵さんは、文藝で「窓の灯」と「ひとり日和」を
読んだ記憶があります。
そしてそのひとり日和で芥川賞受賞。
それ以来読んでいなかったので、久々に読んでみました。

当時は近所の家の窓から中覗く、とか駅で、という距離感の
作品でしたので、イタリア、ベニスとなると、
これは編集者と一緒に取材旅行なんて行ったのかしら、
ということがしばしば脳裏に浮かんでしまいました。

徳史さんは胃熱なんだろう、というほど食べてばかり。
食べて、また次の食べることを考えて、食べての繰り返し。
美しい器をまとった消化器人間といった感じ。

旅先で食欲で隠していた欲望が露わになり、そして彼は
幸せになったのか。
それ以降徳史の一人称が出てこないので不明ですが、
おそらく食べても食べても幸せがすぐ潰えるように、
欲望の虫のように生きていくのでしょう。

こちらの記事もおすすめ