1. トップ
  2. book
  3. 「京都の作り方」でiPS細胞の概念がすっと入る 山中伸弥先生に、人生とiPSについて聞いてみた

「京都の作り方」でiPS細胞の概念がすっと入る 山中伸弥先生に、人生とiPSについて聞いてみた

|

山中伸弥先生に、人生とiPSについて聞いてみた
講談社 山中伸弥・緑慎也

iPS細胞でノーベル賞を受賞した山中先生の本です。

iPS細胞とは何なのか?
ES細胞との違いは何なのか?

それが知りたくて読んでみたのですが、その疑問がタイトルにある
「京都の作り方」を読んで、すっと理解することができました。

山中先生の生い立ち、iPS細胞研究へのきっかけ、
研究内容、そして未来へと多岐にわたる話題がふくまれているのに
読みやすいのは、緑慎也さんのお力もあるのでしょう。
合間合間に関西弁が挟まれるのもほほえましいです。

iPS細胞のとっかかりには最適な一冊だと思います。

こちらの記事もおすすめ