1. トップ
  2. book
  3. 副交感神経に意識しよう 「疲れない体をつくる免疫力」 安保徹 三笠書房

副交感神経に意識しよう 「疲れない体をつくる免疫力」 安保徹 三笠書房

今月の私のテーマ「疲労」を考えるために読みました。

仕事が忙しい、時間が無い、でも体の疲れを取りたい、という方には
この本はおすすめできないかもしれません。
この本の前提が、疲労をためないためには仕事を早く終えて帰る、
そのように効率化をはかること、というスタンスです。

その効率化については自助努力ということで
一切記述がありませんので、
「忙しい、ストレスがたまるなかどうにかしたいんだよ!」
という方はかえってストレスになる気がします。
仕事術か、別の方の本を読まれた方がいいかなと思います。

交感神経、副交感神経のバランスが悪いと疲労がたまる。
なので、偏らないようにバランスをとって、疲れにならないようにしよう
ということで、冒頭、チェックリストが。

試してみると、私は交感神経が強い、もしくはバランスがとれないタイプなのかなと思います。

基本元気があり、様々な活動をしますが、風邪をひきやすく、
熱がすぐ出てしまいます。

交感神経のバランスをよくして白血球数の顆粒球とリンパ球の
バランスを保ち、免疫力を高めたいと思いました。

やっぱり夜の睡眠、並びにゆったりした時間の確保なのかなと
感じた次第です。

<関連記事>
「気」というものに対する意識を呼び起こせ 野口晴哉 整体入門
ちくま文庫

西川 airを使ってみました
概要を一冊で プロが教える東洋医学のすべてがわかる本

こちらの記事もおすすめ