1. トップ
  2. book
  3. 筒井氏の小説を読むと、自分が壊れて熱が出る 「虚人たち」筒井康隆 中央公論新社

筒井氏の小説を読むと、自分が壊れて熱が出る 「虚人たち」筒井康隆 中央公論新社

小学生の頃から2度3度チャレンジしても全然読み切れなかった
小説をようやく!!読み終えることが出来ましたよ。
勢いが大事ですね。

私の人生に多大なる影響を与えた筒井氏。
久しぶりに読むことで、やはり自分が既成概念にとらわれ、
知らず知らず枠にはまっているなと思い知らされます。

小説なんて虚構の世界だという、がつんと頭を殴られるような文章。
世界を自分の脳内に投影すると、まるで自分が魔法使いになって、
星のついたステッキを振ってどんどん好きに世界を操っている
感覚になります。

そうなんです、小説なんだもの。自由なんです。
冒険的な小説は最後、どうなるかとドキドキしながら読み進めていくと、
エディプスの恋人と同様、登場人物が理解し、受け入れることで
終幕していきました。

他の小説だって、登場人物はみんなわかっていて、
その上で、この小説とは違い、破たんを、内部の事情をこちらに
見せないであげているのかもしれないですよ?
という問いを投げかける作品。
本音と建前の日本人ですからね。

小学生だった私は、初めて筒井氏の小説「家族八景」を読み、
自分が築いていた世界観がぶっ壊され、その衝撃で熱を出した。

その翌日、学校を休んだ私が日がな一日見たのは
阪神大震災のニュースだった。

筒井氏以前/以後で精神的にも物理的にも大きく変わった私は、
筒井氏の小説を読んだ今日もまた、熱を出している。

こちらの記事もおすすめ