1. トップ
  2. book
  3. 行間を楽しめる本。桜木紫乃「ホテルローヤル」集英社

行間を楽しめる本。桜木紫乃「ホテルローヤル」集英社

|

芥川賞・直木賞受賞のニュースで「実家がラブホテルを経営しており、そこを題材に~」というところを耳にしてちょっと印象深かった本。

以前は芥川賞候補読み比べ、などしていたのですが、最近は受賞から数年おいて、気になった作家・作品を読むようにしております。鳩の街だ玉の井だと読んでいて、(生きた空気感が伝わる 「玉の井という街があった」 前田豊 立風書房読者にふさわしい箱を見せている 奥深い粋者の物語。 「濹東綺譚」 永井荷風 新潮文庫)その流れを現代に持ってきた場合はこのテーマがぴんときた、という感じでしょうか。

読んでて芥川かな、と思ってたら直木賞でした。
凄い、行間を読ませる人だなと思いました。

「ホテルローヤル」というもう廃墟になったホテルにまつわる話が出てくるんだけど、ローヤルが出てこない話もあって、でもこの先ローヤルにいくんじゃないか、ってこちらの想像力をかき立てる終わり方をしていて非常に魅力的でした。

個人的には掃除をするパートのおばちゃんの話がぞくぞくするほど怖かった。

母親の教えを全てだと思って、まるで人形のような、能面のような人生を歩む人。
時代のせいなのか?どうなのか?家族の気持ちもつかもうとせず、離れていく子供もいるけど、それでもこの人は幸せなのかな。

不幸だと思う回路を塞がれているような気がするので、不幸ということに自分が気づかなければ、それはそれで幸せな一生、になるんだろう。
自分の人生を評価するのは自分。そのように思わせる、気づきの短編となりました。この人苦手なんだけどね。でも、新たな視点を頂きました。

この方の、他の小説も思わず読みたくなりました。

 

こちらの記事もおすすめ