1. トップ
  2. book
  3. 簡単な文章で世界を作り出す力「あひる」今村夏子 書肆侃侃房

簡単な文章で世界を作り出す力「あひる」今村夏子 書肆侃侃房

|

芥川賞の候補作の選評を読んで、気になって手に取ったこの本。

すごかったな。

簡単な文章で、他にはないもの、世界を作り出す力

とても平易な、かんたんな文章が続いていくんです。絵本とまでは行きませんが、登場人物の子供が話すような文章の中に、ぞわっとした感覚を見つけたときの驚きがあります。

のりたまはいったい…という余白がある終わり方も、考えさせられます。

いつか、芥川賞取られるんじゃないかな、この方と思いました。

簡単な文章で、他にはないもの、世界を作り出す力を、私は感じました。

書肆侃侃房で思い出す

出版社、書肆侃侃房、住所が福岡市中央区大名…おや。この出版社名見覚えが、と思って調べてみたら『Read cafe(リードカフェ)』を経営している出版社だよねそうだよね。

東京在住ながら福岡のガイドブックを出しているわたくし、グルメタウン薬院をお散歩している時に、好みの路地歩いていたらめっけて気になっていて、今年行ってお茶させてもらいましたよ。

博多滞在3日目。

その出版社から出た、ということでそれも話題になっているんですね。九州の出版社からの芥川賞候補が20年ぶりなんだとかなんとか。
福岡市文学館行ったけど確認できてなかったな。

ということで発見があったり経験とつながるところがあったりと、おもしろい本でありました。

今村さんの他の本もチェックだなこれは。

11月13日読了

ヒロセマリでした。

こちらの記事もおすすめ