1. トップ
  2. book
  3. 夢を叶える夢を見た 内館牧子

夢を叶える夢を見た 内館牧子

自分の夢を大人になってから叶えるために「飛ぶ」のか、
それとも諦めて、「飛ばない」のか。

そんな人たちのインタビューをまとめた本です

何年も前から、読んでみたいと思っていました。

内館さん自身も三菱重工業のOLから脚本家に転身、
有名になったのは40代という「飛んだ」人。
内館さんの背中を押した、気持ちをスッと楽にした言葉が

暮らせなかったら野垂れ死ねばいいんだわ。

道端で人間が死んでれば、国が焼いてくれるでしょうから

というパンチの効いたものでした。そして、この言葉で私もまた、
安定した生活とか、金銭的な保障とか、そういったものを楯にしてはいけないと感じました。

また、内館さん自身の「運」のエピソードとして、新人脚本家時代、ドラマの脚本の依頼がきた
時の話が印象的でした。

断られる気配を感じながらの面談の最後、主演女優を確認したところ、その女優は「松下由樹」。

松下由樹の事務所の仕事をしていて、松下さんとはご飯に行ったり、一緒にコンサートに行っていた
内館さんは驚き、その場で内館さんに脚本家が決まったとありました。

昔、松下由樹さんが大好きで、内館さんの脚本の「週末婚」などを見ていましたが、
内館さんにとって特別な女優であったのか、そしてまた松下さんにとっても内館さんは
ただの脚本家、ではないのだなぁ、と知れて良かったです。

飛びたい、と思ったときに飛ぼう。と思ったのと、
いざ怖気づいたときにまた読み返したい、と思える本でした。

夢を叶える夢を見た (幻冬舎文庫)

内館 牧子 幻冬舎 2005-04
売り上げランキング : 42877

by ヨメレバ

こちらの記事もおすすめ