1. トップ
  2. book
  3. 京都で何食べよう?という思いで再読  dancyu (ダンチュウ) 2013年 11月号

京都で何食べよう?という思いで再読  dancyu (ダンチュウ) 2013年 11月号

以前も読んだのですが、その際は有次さんで菜箸を買いたかった
ためにそのコーナーばかりが印象に残っておりました。

<京都に行きたい。>

今回は京都で何食べよう?という思いでの再読ですので、
目に映るところが全く違う。

のっけの「食堂おがわ」のさんまご飯のアップの威力。

先日読んだku:nelとはまた違ったアプローチでの「六曜社」のショット。
光の印象が全く違うので、このお店の奥深さを感じ、
コーヒーとドーナツを頂きたい気持ちがどんどん膨らみます。

御食事処乃 福松」の〆、鯛出汁茶漬けとウナギカツサンドの
インパクト。
ウナギをカツサンドにしているお店は初めて見ました。

京菓子花子」の紅葉をモチーフにしたという京菓子に惚れ惚れ。
ごみごみとした京都の寺社よりも、ひっそりと佇むこのお菓子のほうが
美しいのでは、という錯覚しそうなほどのこの誂えに、
季節が違ってもお店に並んでいるお菓子を生で見たい、
という気持ちにさせられました。
冬のしんしんとした寒ささえ、美しく形にしているのでは、と思います。

嵐山にはすでにいく工程となっているため、
オオヤミノルのノスタルジック京都」の「嵐山たなか」に目が釘づけ。
地鶏コロッケをつまんで嵐山を散策し、大阪への移動のさなかに
だし巻き卵をほおばる。これはもう、決まりな気がします。

困ったことに、よくよく考えると京都への滞在時間は4時間という事実。
ゆえに夜のごはんよりお昼に行けそうなお店が
中心になっていましたね。
これがまた、京都に泊まります!となると、バー特集を
目を皿にしてみていくんだろうな。

京都に対する心持で、何度も新鮮に楽しめそうな気がする特集だと
改めて思いました。

<東京駅「駅弁」会議」>

今後のためにメモ。

<グランスタダイニング1F ニッポンの駅弁>

  • 分とく山の津軽景色
  • なすび亭弁当
  • 東京甘酢だんごの豚丸
  • FRICK監修 炭火焼肉弁当

<セントラルストリート1F 駅弁屋 祭>

  • えび千両ちらし
  • 常陸牛 牛べん
  • 氏家かきめし

<グランスタB1 浅草今半>

  • 牛玉弁当

敢えての崎陽軒はカット。品川発新横浜発でも買えるので、そちらで。
まっぷる東京駅(
東京に暮らす人、働く人必見。敢えてまっぷる東京駅。
で仕入れたお弁当情報と合わせて活用したいところです。
まっぷるで見て賛否両論弁当を買って、おいしかったもんな。

<関連記事>

こちらの記事もおすすめ