1. トップ
  2. book
  3. やっぱり自分の証をみてもらいたくなるなあ 「漢方小説」中島たい子 集英社文庫

やっぱり自分の証をみてもらいたくなるなあ 「漢方小説」中島たい子 集英社文庫

|

以前にも読んだことがあるのですが、体の調子が上がらない日々が続くと、
読みたくなる小説であります。

思えば発売から10年以上が経ち、主人公と同年代になっての読書となりました。

今後読むと、だんだんと年下になってまた年代が離れた話になるので、
今回は良い再読タイミングでしたね。

普通の小説よりも上下左右の余白が大きくて正方形なイメージのある本を読みながら、
やはり自分も一度証を診て頂きたいなあと思ったのは以前と変わらないですが、
この人の文章にそこまで感情的に入り込めない理由として、
ドクターを好きになった理由を友達に話せない、という文章を読んで気づきました。

頭の中でいくら考えても、うまく話せないことだってある。
(略)結局とっておきのことはヘタに口に出さないのが一番ということになる。

 

この部分の描写を、逃げないで比喩を使ったりしながら表現するのが小説なのではないか、
と思います。
ここが書けないんだったら、テレビのシナリオライターの方が向いているのでは?
という疑問が浮かんだのですが、その判断は、最近の著作を読んでからの判断に
なるのかな、と思います。

<関連記事>

こちらの記事もおすすめ