1. トップ
  2. book
  3. アクセスが増えたのは未解決事件番組で横山ゆかりちゃん誘拐が特集されてたからか。

アクセスが増えたのは未解決事件番組で横山ゆかりちゃん誘拐が特集されてたからか。

昨日ぽんとアクセスが上がっていて、なんだ?と思ったら、
Yahoo!から来るキーワード検索が
「横山ゆかり ルパン」「清水潔 ルパン」「横山ゆかり 清水潔」「横山ゆかり 犯人 清水潔」「横山ゆかり 犯人 名前 清水潔」「清水 ルパン 犯人 家」「北関東 ルパン」「誘拐 ゆかり ルパン」
とまぁ出るわ出るわゆかりちゃん事件関連ワーズが。

フジテレビで「最強FBI緊急捜査SP 日本未解決事件完全プロファイル」という番組が放送されました。
「FBI プロファイル」という言葉にだまされましたが、透視ものでしたよ。。。

日テレが、清水さんたちが総力挙げてACTIONプロジェクトをやっているのに対してフジテレビのこの体たらく・・・と思ってしまう何の進展もない長時間番組でしたね。

それがみなさん消化不良を催して、あれこれ情報を入手して、検索して、こちらにいらしたのでしょう。

この辺りのキーワードを探してここに来た方はどうぞこちらを読んで下さいな。

「ルパン」と呼ばれている男を逮捕するには、もう一度この男が誘拐・殺人をするしかないのか。「殺人犯はそこにいる」清水潔 新潮社

しかしみなさん「ルパン」というキーワード入れてきているということは、ジャーナリスト清水潔さんが真犯人と目される人のことを取材で浮かび上がらせ、「ルパン」と呼んでいることをどこかでご覧になって、それで清水さんとルパンの詳細情報をさがしにいらしたんだろうなぁ。

この本の中では、清水さんが「ルパン」のところにインタビューしているのに、それなのに日本の警察は動けない。逮捕しないで、犯人を動かしている。

犯人が今も野放しな理由には、あの組織の「メンツ」、そして取り返しのつかない別事件の結末が絡む―

というもう松本清張サスペンスか!というくらいの様々な事件が絡みあう内容となっております。

本当、清水さんの本は読んで。

これも!こっちは解決・・・というか、二次被害が出ないようにはなったかな、埼玉県警がとにかく酷い本。おすすめ。

<関連記事>

こちらの記事もおすすめ